「夏休み」を探しに行って来ました

 

川遊び、棚田に渡る風。

上勝の夏。

 

 

軽トラで旅をする誰かさん

荷台にバイクと柴犬をのせて。

すてきだね。

 

 

 

眠そうだったな、君。

 

 

上勝ブリュワリーの藍とゆこうのクラフトビール。

 

そら豆とベーコンのコロッケ

 

長い間ブログを更新していませんでした。なんとなく調子が悪い、コロナストレスなのか?

 

テンションの低い日々を過ごしながらも、2月からお休みの日はジャムを作り続けていました。

 

大好きな柑橘のジャム作りです。文旦から始まり、何キロも甘夏マーマレードを作り、小夏マーマレードをたまに挟みながら、

5月になり庭のさくらんぼジャム作りが終わりました。

 

その間にも、ご近所から野菜をいただいては料理をしていました。

このところ、さやえんどうやそら豆をよくいただきます。

 

そら豆は京都にいた時は高くて思いっきり使えなかったけれど、この間はコロッケにたっぷり入れました。

空豆とベーコンのコロッケは塩味を効かせてビールにも合うコロッケです。

 

今、冷蔵庫にはえんどう豆がいっぱい。何を作ろうかな。

 

 

自家製切干し大根

 

今日もいいお天気です。

 

ジャケットを着て歩いていたら暑いくらい。

 

切干し大根を干すには気温が高すぎるくらいかもしれません。

 

左は5日干したもの、右は今日から。どちらも大きな大根一本分です。

 

自家製の切干し大根を、私は「野菜のスルメ」と呼んでいます。

 

水で戻さずにそのまま食べるのですが、味が濃くってカロリーが低いのでお酒のおつまみにしています。

 

蝋梅の林 〜神通蝋梅園〜

 

今年もまた神山町の神通蝋梅園に行って来ました。

 

去年は雪のちらつく寒い日で、蝋梅林の向こうの山には雪が積もっていました。

 

でも、一月末だというのに今年はもう春のようです。

 

 

 

山里に咲く蝋梅は、部屋の中に置くよりも、さらにその清らかな香りに感動します。

 

風に流れ冷たい空気の中でやわらかに芳香が漂っていました。

 

 

母屋の二階一杯に干し柿が干してありました。

 

神通蝋梅園は、敷地内に一棟貸の古民家民宿があります。

 

夏休みに友人やその子供達を誘って合宿できたらいいな。

 

 

蝋梅の苗が売られていたので買い求めました。

 

5年ものの苗だそうです。

 

蝋梅は必ず根付き虫もほとんどつかないとか。家の庭で咲く日が楽しみです。

 

 

母屋の向こうが古民家民宿になっています。

 

2名から10名まで。一人4,000円で借りられるそうですよ。

 

 

 

いつもの事ながら目的地に着くまでに、どんどん荷物が増えていきます。

 

道路沿いの無人販売所や道の駅で野菜や果物などをたくさん買いました。

冷蔵庫のお片付け

 

 

月に一度くらい冷蔵庫や冷凍庫に入っている食材を使い切ります。

 

家の冷蔵庫はいつも物が少ないねと、じいはさみしがりますが、中が一杯だとなんだかいやになってしまいます。

 

物が少なくなったついでにアルコールで中をふいて、さっぱりした!

 

今日はそんなお片付けクッキングの日です。

 

大根とベーコンのスープ煮。実山椒入り。

 

毎週のようにご近所から大根をいただくので、常に大根が2、3本ころがっています。

 

 

ひじきの五菜煮。

 

ひじき、少し残っていた水菜、冷凍庫に眠っていたとうもろこし、人参、油揚げ。

 

乾物なのに徳島のひじきはとてもやわらか。