横浜ー鎌倉ー須崎 モノとヒトのコラボ・ギャラリーとポルトガル・カフェ

 

神奈川県と高知県在住の作家たちの作品と食をテーマに高知県須崎市でイベントをします。

 

場所は、地元の旧家をすばらしい施設に改修した「すさきまちかどギャラリー」です。

http://machikado-gallery.com/

 

オリジナルの洋服やアクセサリー、かばん、傘、イラスト雑貨など。

 

高知県内の人気カフェの出店やドーナツやパン、焼き菓子などの販売もあります。

 

そして、限定20食のポルトガルランチ(要予約)とカフェも開催します。

 

見て食べて、のんびり楽しんでいただけたらと思います。

 

●ポルトガルランチの予約はinfo@boaboca.comまで。

 6月20日までに 人数、名前、時間をご連絡下さい。

 

 

 

梅雨入り前のいただきもの

 

今年の梅雨入りは、例年より3週間も早いそうです。

 

梅雨入りのほんの少し前に、ご近所の方から色とりどりの紫陽花をいただきました。

 

こんなに華やかな紫陽花は初めてです。

 

青紫もすてきだけれど、ピンクや赤もとてもかわいい。

舞妓さんのかんざしみたいです。

 

 

畑でとれたばかりのじゃがいもとにんにくもいただきました。

 

新にんにくは、一つ一つから強烈に、でもいやな匂いじゃなくて香りを発しています。

 

 

紫陽花や野菜をいただいたばかりなのに、またまたすてきなプレゼントをいただきました。

 

大きな鉢に山盛りの小さなびわ。

 

売ってるものの半分くらいの大きさでしょうか。

 

形は小さくてもキュッと味の締まった甘いびわです。

 

初夏から梅雨、夏へと季節の移り変わりと共に、野菜や果物、花も変わっていく。

 

豊かな自然と食を身をもって感じています。

黒糖のパウンドケーキ

 

いつも野菜を下さるお向かいのおばあさんに、何かお礼をしようと思いパウンドケーキを焼きました。

 

でも、真ん中がボコッとふくらみすぎて不細工になってしまったので作り直すことに。

 

二回目はベーキングパウダーを減らしてクルミを上にトッピングするのをやめラムレーズンを生地に混ぜました。

 

が、それも同じような仕上がり。

 

電気オーブンを使うようになってからどうもうまくいかない。

 

温度がじわじわ上がるせいか?

バターをフワフワになるまで混ぜたせいか?

 

次回はベーキングパウダーなしで焼く途中で切れ目を入れてみよう。

豆、豆、豆。

4月中旬の山盛り絹さやから始まり、えんどう豆、そら豆とこの1か月間、常に冷蔵庫には豆類が入っておりました。

 

庭の塀越しにいただいたたくさんの豆は、昨日の夕方採ったえんどう豆で最終だそうです。

ありがとうございました。ごちそうさまでした。

 

絹さやもえんどう豆もそら豆も、京都のスーパーでは少ししか入ってなくても高くてそんなに頻繁に食卓に上がることはなかったです。本当にぜいたくな体験でした。

 

自分が作った作物なら、もっと無頓着に料理していたかもしれません。

 

でも、いただいた野菜はできれば毎日違う料理でできれば主役に?と、まじめに考えて作ってた気がします。

 

人が丹精込めて作った野菜を労せずして、しかもこんなにたくさんいただいてよいのかと思いますが、せめて残さず丁寧に食べたいと思います。

 

 

絹さやだけど、甘くて豆の味がしました。

 

 

えんどう豆は、緑と赤がありました。

 


バケツ一杯のそら豆をいただき、むくとボウル一杯。

 

 

豆ミックスご飯

 

 

そら豆とベーコンのリゾット

 

 

そら豆とたこのサラダ

 

 

そら豆とハチクの炊き合わせ

 

 

グリンピースとそら豆と春キャベツのクリーム煮

5月に作ったジャム

 

産直市場のいちごのピークは3月。4月はまだ結構ありますが、5月になるとほんのわずかな数になってきます。

 

終わりのいちごは、小さくてかためで甘さも控えめ。

でも、そういういちごをジャムにすると、丸ごとのフルーツ感が出ていい感じです。

 

写真は、いちごとミントのジャム。ジャムというよりフルーツソースのよう。

白いレアチーズケーキにかけたらきっと、とてもきれいに見えます。

 

 

こちらは庭で採れたさくらんぼジャムです。

去年は小さなさくらんぼが8kg近く採れて一週間毎日ジャムを作り続けました。

今年は木が半分枯れたので、3日で終了。

 

隣はキウイとバナナのジャム。酸味のあるキウイにバナナを加えるとまろやかになります。

 

 

ピンク色がかったいちごとホワイトチョコレートのジャム。

女の子好みの色と味になります。こちらはプレゼント用に作りました。

 

お菓子作りは、きっちり計量したりある程度技術が必要ですが、ジャムは刻んだり煮たり、料理のように作れるので好きです。

旬の果物や野菜でジャムを作るのは、楽しい作業です。