ツルクビカボチャが11個

 

 

ツルクビカボチャを8個いただき、それからまたしばらくして8個いただきました。

 

このカボチャは南アメリカ原産のバターナッツカボチャとよく似ています。

 

今、11個あり。

 

ひょうたんかぼちゃとも言うそうですが、ねっとりとやわらかくてお菓子やスープにするとおいしいかぼちゃです。

 

でも、くりかぼちゃのようにホクホクしていないので、煮物にするともひとつかもです。

 

 

これはツルクビカボチャのプリン、ラムレーズン入りです。

 

私のプリンはパウンド型で焼いて切り分けて食べるスタイル。

 

ツルクビカボチャのプリンはすばらしく美味しいです。

 

自画自賛ですが、ねっとりとしたかぼちゃの後にカラメルとラムレーズンの味が口の中に広がりとても濃厚です。

 

 

今日は台風でどこにも出かけられないので、雨戸を少し開けて台所でツルクビカボチャのスープを作りパンを焼いています。

 

スープに1個使ったので、残り10個になりました。

 

雨の日曜日、夕方暴風雨になる予定。

鰯の次は太刀魚がやって来た

 

ご近所から二度も三度も鰯をたくさんいただき、一週間余り鰯を堪能しました。

 

お肉だと毎日続くとちょっといやになるけど、魚だと飽きずに食べられものですね。

 

と、一息ついたところで、なんと今度は太刀魚がやって来ました。

 

太刀魚のシーズンなのか、先日の花火大会の夜も港でたくさんの人が太刀魚を釣っていました。

 

今まで頭付きの太刀魚を調理した事がなかったのですが、うろこがないし内臓も小さいし扱いやすい魚なんですね。

 

本当に魚の事は何も知らない私です。

 

太刀魚はおろして梅シソ巻きにしたかったけれど、シソがなかったので庭のバジルを摘んで梅バジル巻きにしました。

 

 

残りはバター焼きと塩焼きにしてレモンとスダチを絞っていただきました。

 

太刀魚って顔が怖いけど、白身でやわらかく料理しやすいし、優秀な魚なんですね。

 

徳島では、一塩して細く切って酢の物や太刀魚寿司にもします。

 

今まで住んでいた京都では見たことのない食べ方です。

 

所かわれば食べ物もかわる、おもしろいです。

 

いわし祭り再び

 

鰯を一週間の間に3回いただき、そろそろ終わりかなと思ったら、3度あることは4度ある。

 

またまた朝どり(朝釣り?)鰯をいただきました。

 

今回は少し大きめです。鰯のフライ、煮付けときたので、かば焼きと南蛮漬けで締めくくりました。

 

 

新鮮な鰯は全く臭みがなくて食べやすかったです。

 

お肉だと毎日続くとちょっとヘビーだけど、魚は調理法が違えば毎日でもあきません。

 

さて、次は何がやっ来るのか?

いわし祭り

 

今週は鰯を3回もいただきました。

 

お向かいのご主人が朝釣ったばかりの鰯です。

 

奥さまがわざわざうろこを取って届けて下さいました。

 

鮮度抜群なので身がぱんぱんに張っています。

 

でも、手開きが苦手な私がやるとなんかぐちゃぐちゃに。

 

 

魚は新鮮だと、何を食べているかわからないくらいクセがないです。

 

鰯でさえ、そう。徳島に来てから知りました。

 

でも、鰯は鯵にはない甘さがあっておいしいです。

 

 

鰯の梅煮です。

 

青梅をしょうゆに漬けた梅しょうゆで煮ました。このしょうゆ、梅の香りがすごいです。

 

念のため梅干しも1個入れました。

 

鰯が黄金色に輝いています。

 

 

3回目の鰯は、お向かいの奥さまからいただいた鰯のしょうが煮です。

 

私が作った梅煮より少し甘い味付けで、圧力鍋で煮たそうなので骨ごと食べられます。

とてもおいしかった。

 

今週は我家のいわし祭りでした。

棚田と夏休み  〜上勝町〜

 

 

 

日曜日に棚田を見に上勝町に行って来ました。

 

幹線道路からスーパー林道に入り、そこからさらに車一台がやっと通れるくらいの細い道を上って行きます。

 

こんな山の上にも集落があるのかとびっくりするくらい高い所に人家があります。

目線と山の稜線が同じくらいの高さに見えます。

 

 

私の住んでいる海側の町ではもう稲刈りが始まっていますが、この辺りは9月下旬のようです。

 

稲穂が黄色くなり始めていました。

 

 

こうやって棚田を目の当たりにしていると、ここでの米作りは本当に大変だろうと想像できます。

 

でも、その一方で清涼な空気や豊かな山の水に育まれてできた米や景色はかけがえのないものに思えます。

 

農業を知らない勝手な思いですがー。

 

 

府殿、橿原、田野々の棚田を回って月ヶ谷温泉でランチタイム。

 

夏休みもあとわずか。川の近くにキャンプ場があるので小さな子供たちが川遊びをしていました。

 

 

子供の頃の幻のような風景。

 

川遊び、吊り橋、キャンプ。夏休みの思い出になりました。